ボディカルは筋肉太りにも効果テキメン!効果的な使い方やコツ

 

ボディカルは、筋肉を鍛えて
引き締めて細くするって言うマシンだけど、

昔スポーツや筋トレをしていて、
筋肉太りの私は効果があるの?

って思っていませんか?!

 

ボディカルは、しっかりと効果があります!!

今回は、どうして筋肉太りにも効果があるのか
効果的な使い方やコツを詳しく説明していきますね^^

 

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
ボディカル

 

ボディカルは筋肉太りにも効く!

ボディカルは、インナーマッスルを鍛えるマシンとして
販売されているため、

筋肉質で筋肉太りの私は更に筋肉質になって
太くなるんじゃないの?

っと思うかもしれませんが、太くなりません!!

 

筋肉太りは、昔スポーツや筋トレをやっていて
その筋肉が脂肪と結びついてしまい固まってしまったものです。

 

ボディカルは電気で、その固まった筋肉をほぐして
インナーマッスルを鍛え脂肪を落としてくれて、
引き締めてくれるので、細くなるんですよ(≧∇≦)

 

インナーマッスルを鍛えると太くなると
間違えられやすいですが、決して太くはならず
体を引き締めてくれるんです!

 

例えば、

インナーマッスルは、良くマラソン選手などに
付く筋肉と言われていて、
持久力がある筋肉とも言われています。

 

マラソン選手って結構細身の方が多いですよね?

マラソン選手などは、インナーマッスルがよく発達しているので、

細身なのに持久力のある走りをすることが出来るんです^^

結論を言うと、ボディカルは筋肉太りの方にも
効果テキメンなんですよ(>ω<)

ボディカルの効果的な使い方

ボディカルは、電気のレベルが1~5まであり、
最初はレベル1で慣れてきたらレベルを上げていく
という使い方です。

 

しかし、

以外にも、レベル2だと痛くてずっとレベル1で使い続けているという口コミも多いのが現状なんです。

 

それじゃボディカルが勿体無いです!!

 

痛いのは筋肉がしっかりと刺激されて効いている
という証拠なので、

特に細くしたい部位にやる時は、
『うわっ!痛い~~』

っていうぐらいレベルを上げなきゃ効果は
あまり実感できないと思いますよ。

 

私の場合は、特に太ももが太いので、
太ももにやる時は太ももがビクビク動くくらい
強く使っていますよ(≧∇≦)笑

 

でも、そのおかげで、

1ヶ月の使用で、今まで履けなかったデニムが
すんなり履けるようになり、

今まで空いていなかった内ももの間も
スカスカになりました^^

 

でも、あまりにも痛すぎる時は無理をせず
毎日使い続けて下さいね♪

私が実際にやっているボディカルを使う時のコツ

コツというか私がやっている効果的な使い方なんですけど、

ボディカルの電気は、
『ビビビビッ ビビビビッ ビビビビッ』
っていうリズムで流れています。

 

通常の使い方だと、ボディカルをコロコロ転がして電気を流すのですが、

私の場合、重点的に細くしたい部位にボディカルを
『ビビビビッ ビビビビッ』
の2回まで動かさずに電気だけ流しています!!

 

コロコロして使う時と、動かさないで使う時
を交互に使い分けてやるというコツです!!

 

コツというか、使い方ですね 笑

 

後は、コロコロして使う時も奥に奥に届くように、
力を入れて太ももを転がしていますよ(>ω<)

 

ぜひ、やってみて下さいね!

効果的に使う時の注意点

先程お伝えした、効果的な使い方や
私が実際にやっているコツの注意点としては、

・あまりにも痛すぎる時は無理をしない
・ボディカルローションはケチらずたっぷり使う
動かさないで使う時は、長い時間しないこと
・1つの部位には最大でも10分~15分の間で使用すること

この4つは守って使用しましょう!!

 

ボディカルローションをケチって
少量でやる方が多いですが、

少量で使用してしまうと、インナーマッスルに届かずに
皮膚に電気が流れて激痛や火傷をしてしまう場合があるので、

絶対にボディカルが指定している量か、
それ以上の量を使うようにしましょう♪

まとめ

ボディカルを持っている方は、
是非一度私が実際にやっているコツを
試してみて下さいね(≧∇≦)

 

ボディカルは筋肉太りには効くのか分からなくて、
まだ購入していないよ!っていうあなたは、

ボディカルは筋肉太りに効果がしっかりとあるので、
買って使ってみてはいかがでしょうか?

 

ボディカルは、30日全額返金保証があるので、
自分には合わないと思ったら返しちゃえばいいですしね笑

 

それでは!!

 

↓↓↓公式サイト(購入窓口)はこちら!!↓↓↓
ボディカル

 

ピックアップ記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。