冷え性が砂糖で引き起こされる3つの原因!と様々な害

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

冷え性のあなたは、甘いもの好きじゃないですか?

砂糖は冷え性の原因になってしまうんですよ。

他にも、砂糖の害ってたくさん有って
このまま摂取し続けていると体に
負担がかかり、大変なことになってしまいます。

私も、末端冷え性&甘党なので、冷え性改善の
為に甘いものを減らしてる最中です。(笑)

今回は、冷え性になる3つの原因
砂糖を摂ることによる様々な害について書いていきますね!

スポンサードリンク

砂糖はどうして冷え性の原因になるの?

砂糖の糖分は、私達人の体に欠かせない栄養素で
3大栄養素の1つと言われています。

脳を働かせるのにも糖分が必要になってきますし、
体の疲れを取るのにも糖分が必要になります。
なので、人の体に欠かせない栄養なのです。

ですが、糖分をたくさん取ればいい
というわけでもありません。

過剰に摂取してしまうと、体が冷えて
冷え性の原因になってしまうんです。

冷え性になる原因は3つある!

砂糖の摂取で冷え性になってしまう原因は
3つあると言われているので、
その3点を詳しく説明しますね♪

急な体温低下

砂糖を摂取すると、一旦血糖値を上げ体温を
上げてくれるのですが、インスリンという
血糖値を下げてくれる役割の成分が、
大量に体の中で分泌されて、
一気に血糖値が下がってしまいます

血糖値が下がると、体温も一緒に下がってしまうので
冷え性になってしまう可能性がかなり高いんです。

血液ドロドロ状態

甘いものばかり食べると、
血液がドロドロになるっていうのは、
なんとな~く分かりますよね!

それってどうしてドロドロになるか知っていましたか?

実は私もこの記事を書くまで知りませんでしたよ(笑)

その理由が、

糖分を摂取すると体のエネルギーになるのですが、
エネルギーとして使われる際に、

ビタミンBとカルシウムなどが必要で
砂糖には、ビタミンBやカルシウムが入っていないため
体の中にあるこの2つを使うことになるんです。

ビタミンBは血液中の赤血球を作るのにも必要で、
糖分がエネルギーに変わると同時に、
血液中の赤血球が少なくなってしまい
血液がドロドロになってしまうんです。

血液がドロドロになってしまうと、
体全体に新鮮で温かい血液が手先や足先にまで
行き渡らなくなってしまい

冷え性や末端冷え性の原因となってしまうんです。

自律神経の乱れ

先程、ビタミンBが不足することが原因で
冷え性になりやすいと言ったんですが、
自律神経にも影響してくるんです。

ビタミンBが不足することによって、
自律神経が乱れ、血流が悪くなり
冷え性になってしまうということなんです。

砂糖(糖分)を摂る事による3つの害

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s-crop

砂糖を摂ることで起こる体の影響3つということで
紹介していきますね!

肌荒れが起きやすい

肌荒れしちゃうんです。

私、甘いもの食べた次の日の朝とか
吹き出物とかすぐ出るんですよね!

あなたもそんな体験無いですか?

どうして肌が荒れてしまうのかというと、

先程も説明したビタミンBの不足が原因なんですよ。

ビタミンBは、爪や髪の毛、お肌をキレイに
保つ効果があるんですが、

ビタミンBの不足によって肌荒れが
起きてしまうんです(T_T)

太りやすい

甘いものばかり食べると太るって常識!
って思いますよね。

でもなぜ太るのかって聞かれたら、
ん~ってなりますよね!

太るのは常識なんですが
少しここで説明しますね!!

血糖値が高くなり、体温が上昇すると
体は脂肪を燃焼させようとします。

ですが、先程も説明したインスリンが
大量に分泌されてしまい、

体温を下げ脂肪の燃焼を邪魔してしまい、
摂取した糖分やカロリーがそのままに

太ってしまうということなんですよ!

老化が進む

老化が進む原因も、
インスリンの野郎が影響してしまうんです。

インスリンが大量に分泌されることで
体に残ってしまった糖分がタンパク質と
くっついてしまい、

老化の原因となる

糖化最終産物(AGEs)

という物質に変わってしまうんです。

この物質は、老化の原因だけでなく、
動脈硬化なども引き起こしてしまうので
注意しないといけません。

■おすすめコンテンツ■


■『脚が太くてスカートやショーパン、ピチピチのデニムを履けない...』

■『水着になるのが億劫...』
■『男性からも脚が太いと言われる...』
■『脚が短く見えてスタイルが悪い...』
■『ダイエットをしても、上半身だけ痩せてしまう...』
■『エステはお金が掛かるし、行く手間もある...』
■『むくみがひどい...』
■『筋肉質な太ももやふくらはぎが中々細く出来ない...』

このような悩みを持っていても、私には無理!と脚痩せを難しく考えすぎてはいませんか?

現代の脚痩せは高性能なグッズに頼ることで、運動や食事制限も行わず細くすることは簡単に出来てしまいます。

実際に私も、着圧ソックスやマシンに頼ることで、3ヶ月という短期間でここまで細くする事ができました!

私が実際にどんなグッズを使ったのか詳しい詳細はこちら
>>私が実際に効果の出たシェイプマシン&着圧ソックス徹底比較ランキング!

スポンサードリンク

1日の適正な砂糖の量とは?

じゃあどれくらいなら1日大丈夫なの?というと

ご飯を茶碗3杯分で体の栄養としては十分なのだそうです。

1日は3食なので、1食でお米1杯分ですね(笑)

ようするに、デザートを何食べても
過剰摂取となってしまうんです(笑)

私自身、末端冷え性&甘党なのでかなりショックですが

私は、甘いものを食べないとストレスに
なってしまう性格なので、自己流の解釈で
デザートを抑えるようにしています。(笑)

今より少なくすればいい!

私の場合、『デザートは食べるな!』
となってしまうとストレスが溜まって辛くて
『デザート食べないのや~めた!』とすぐなってしまう
と思ったので、

ただ、今よりも糖分を取りすぎないように、
気をつけるだけでも肌荒れや冷え性などに
効果が出ました!

 

実際に私は、毎日砂糖がたくさんの入ったデザートを
食べていたのですが、頑張って2日に1回だけ
にしただけで、体がスッキリして
冷えにくくなったかな?という感覚に慣れましたよ♪

(ただ減らしたから気持ち的にその感覚になっている
だけかもしれないですけど(笑))

 

現在は、3日にデザートを1つだけ
でも満足できるような精神になってきました(笑)

まとめ

砂糖自体には害はないんですが、分解するに従って
冷え性の原因になることや
様々な害があると分かっていただけましたか?

糖分は体には必要不可欠なのに摂りすぎると
体に悪影響が出てしまうって中々難しい!(T_T)

最後にまとめておきますね!

糖分を摂取すると冷え性になりやすい
・ビタミンBが少なくなると様々なデメリットが有る
・糖分は1日3食で補えてしまう
・今より砂糖の摂取量を抑えるように努力するべし!

私は、毎日甘いものを食べるのを
2日に1回にしただけで、一ヶ月ほどで
本当に自分でも実感できる効果があったので、

冷え性のあなたは、今よりも砂糖の摂取量を
減らしてみてくださいね!

必ず効果が出ますからね♪

このブログでは色々な冷え性改善方法を
書いていますので、是非参考にしてみてくださいね。

それでは!!

おすすめ記事⇒冷え性はお尻をソフトボールで押すことで改善できる!?やり方は?

エステに通わなくても自宅で簡単にエステと同じ施術を受けられるボニックプロ!

↓エステと同じマシンの機能を持った【ボニックプロ】の詳しくはこちら↓

芸能人の方は、必ず脚を美脚にするためにエステに行っています。
私もエステに少しの間、通っていた事があったんですが、エステは高額だしお店に行かなければならないので、ズボラで金無しの私はすぐに通わなくなってしいました笑

しかし、私はこのボニックプロで11センチも太ももを細くすることが出来ました!

エステの施術では、主にこの3つの機能が備わったマシンで施術されます。
■EMS
■RF
■キャビテーション

しかし、この3つの機能はエステ限定のマシンでは無いんです!

実は家庭用のハンディマシンの【ボニックプロ】というマシンは、(EMS・RF・キャビテーション)の3つを備え持ったマシンなんです^^

しかも、商品開発&販売店はあのダイエットで有名なRIZAPです。
ボニックプロは、エステ1回分くらいの値段で購入が出来て、毎日使えて何年も使えます。

RIZAPが作った事もあって効果もかなり優秀なので、本体価格77%OFFキャンペーンを行っている期間に脚が細くなりたい人は手に入れた方が良いです!
私の使用した感想ば&実際に使っている時の画像もあるので見てください。

サイト限定で、ボニックプロ本体77%OFFのキャンペーンを行っています!今がオススメ!

スポンサードリンク

ピックアップ記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。